近畿大学附属和歌山高等学校・中学校

TEL 073-452-1161

教育周辺環境の整備について

2017年度

全校舎の廊下・トイレのリニューアルが完了しました

 2016年度に本館、2017年度に東校舎・体育館の廊下・トイレ改修工事が完了し、全校舎のリニューアルが完了しました。
 全生徒が新しい洋式トイレを利用可能となり、廊下の照明もLED・人感センサーを導入し、明るい環境となりました。

 

創造性を育む豊かな学校施設として快適な環境作りを行うため、今後も順次、教育周辺環境の整備に努めてまいります。これらの施設は、入試説明会時に見学していただけます。ぜひ、お越しください。
入試説明会

2015年度

北校舎(高等学校校舎)が新しくなりました

2014年度から実施している廊下・トイレのリニューアルを、夏休み期間を利用し、北校舎で実施しました。南校舎の改修を基本とし、特に女子トイレについては、洗面鏡をアーチ型とし、身だしなみが整えられるように姿見を設置しました。

 

2014年度

南校舎(中学校校舎)が新しくなりました

夏休み期間を利用し、1983年竣工の南校舎を改修しました。
生徒が安心して学校生活を送ることができるよう、廊下とトイレをリニューアルしました。

照明はLED・人感センサーを導入し、省電力化に配慮しています。また、全体的に白を基調とした明るい空間となっています。
生徒の衛生面を重視し、手洗いの自動水洗化、洋式トイレおよびウォシュレットを導入しました。

【廊下】

 

【トイレ】


本館正面玄関を自動ドアに改修しました

すべての人にご利用いただきやすいよう、本館正面玄関を自動ドアに改修し、併せてエレベーターの仕様変更を行い、施設のバリアフリー化を推進しています。

 

2013年度

県下の学校初 人工芝グラウンド

 創立30周年記念事業として人工芝グラウンドを設置。「屋外多目的教室」としての役割を持つグラウンドを人工芝化することにより、文武両道を掲げる本校教育が、さらに発展することを目指しています。

 

マルチメディア教室更改

 時代に即した情報リテラシーや情報セキュリティの教育を受けることができるようマルチメディア教室を更改しました。これを機に「情報教育の基礎を育む場」また「自学自習の環境を提供する場」として、さらなる発展を目指していきます。