「エストニア 歌と踊りの祭典 2019」へ参加しました

 7月3日~10日、エストニアで行われた「エストニア 歌と踊りの祭典2019」へ本校より、亀井明花梨さん(高校2年)、深谷晃伎さん(中学3年)が参加しました。2人が合唱を始めたのはそれぞれが小学1年生の時、亀井さんは現在所属している和歌山児童合唱団の歌声を初めて聴いた時に「私も絶対に歌いたい!」と思い、深谷さんは先に合唱団へ所属しているお姉さんに憧れたことがきっかけで始めたそうです。
 出発前に2人は日本から初参加となる「エストニア 歌と踊りの祭典2019」への思いを話してくれました。亀井さんは、「良い経験になるので必ず行きたいです。20万人~30万人が参加する祭典で色々な国の方々と交流できるまたとない機会にぜひ自分も参加し、たくさんのことを吸収したいです。」深谷さんからは、「150周年にあたる今年の『エストニア 歌と踊りの祭典』へ参加することで言語や文化が違う他国の方たちと交流し、たくさんのことを学びたいです。」と意気込みを語ってくれました。現地では浴衣を着て、エストニア語での合唱や、日本のわらべ歌などを歌ったそうです。2人にとって良い経験になったのではないでしょうか。

Web
パンフレット

動画

クラブ活動

進学実績

各種証明書

卒業生の方へ

アクセス

お問い合わせ